異空間体験

異空間体験

夏休みシーズン真っ盛りです。
様々なイベントが開催しているわけですが
チームラボという団体が「未来の遊園地」という
テーマでお台場にて出展されています。

私の住んでいる場所からお台場まで怪獣たちを連れて行くというのはそれなりの試練なわけで、まぁ喧嘩やトイレやのどが渇いただの、予定通りの電車には乗れない・着かない。

それは置いておいて
チームラボとそのイベントは、詳しくはググってもらうこととして一言でいえば芸術系企画イベントです。
テクノロジーの発展とともに2、30年後にどんな仕事ができているか分かりませんが、実際に境界を曖昧にした映像と音の空間に子どもも大人も楽しめる空間でした。このイベントを通じて、つくられた境界の在り方とそれを見直す柔軟な視点について考える機会になりました。

そんな異空間で子どもたちはテンションマックス。
迷路のような空間に喜ぶ子ども、トイレも出口が見つからない。帰ろうとすると再び異空間に繋がり、子どもと大人の温度差が拡大。なかなか親の体力を奪うイベントでした笑

本当の非常時には非常用の照明に切り替わり、安全な避難ルートも計画されていることでしょう。

(谷口)

コメント


認証コード4778

コメントは管理者の承認後に表示されます。